H体験談アンテナム

えっちで萌える体験談を厳選して集めました


閲覧注意!実話です。〜普通の主婦達が若い男達との乱交がきっかけで底の底まで堕とされた〜

これは、実話です。
誰にも言わないでください。

50代の主婦です。
もう、20年近くも人には言えないことをやっています。

私は、幼稚園から大学までずっと女子校で育ち、会社に入って、すぐ夫と出会い結婚しました。兄弟は、姉と妹が1人ずつで夫以外の男性とはほとんど交流がありませんでした。
24の時に息子を、26の時に娘を産みましたが、それ以来、夫ともご無沙汰になり35才になってしまいま

  2020/08/13    , , , ,   

足湯でミニスカの綺麗な女性の脚を満喫

 ある施設に無料の足湯コーナーがある。私は仕事でその施設に行き 足湯の近くに駐車した。開店まで時間があったので 後部席でくつろいでいた。しばらくすると1台の高級車が停まった…

  2020/08/12      

男は肉棒を根元まで深く挿し込んだまま、腰を『の』の字に・・・

「あ…、あん、駄目だよ…雄太…。こんな…ところで…」「大丈夫だって、誰も居ないから。ほら、未央、もっと脚開いて」山奥にある温泉宿。その少し離れにある露天風呂で、押し

  2020/08/12      

妻と妹との3Pした話

先日、妹が引越しの後片付けを手伝いに来てくれた。

妹と妻は中学校からの同級生で仲がいい。

片付けは夜になっても終わらなかったので、妹はいったん帰って、旦那と子供の食事の用意をしてまた来ることになった。

ウチの子がたまたまいなっかたため、我ら夫婦はこの隙に一戦交えることにした。

手早く前戯をすませ、いざ突撃!!「何か興奮する~」と異常に盛り上がった妻は、いつに無くビシ

  2020/08/12    , ,   

良いものを拝ませてもらった体験談

 俺は加齢臭漂うお年頃の、しがないバツイチ社畜で、冬の時期は小型のタンクローリーに乗って、音楽を流しながら灯油を売っているのですが、ある日の巡回中、「お願いしますー!」と灯油のポリ缶を持った女の子が、マンションから飛び出して来た。 だがその女の子、下にスカートやズボン等を穿いておらず、白×水色の縞々パンツが丸出し状態だったのだ。(笑)俺氏は女の子に向かって、「灯油入れておくから、下を早く穿いてきて下

  2020/08/12      

銭湯の番台のおじさんに露出

遠い思い出です。

私は小5の時、家のお風呂が壊れて10日間くらい銭湯に通ったことがありました。
修理が忙しいようで、待たされていました。

父母は共働きだったので時間が合わず一緒に行けません。
だから私は学校が終わって、昼間のうちに一人で入っていました。
そんな時間なので、いつもすいていました。

お風呂屋さんの利用が、かなり減っていた時期です。

番台のおじさんと仲良くな

  2020/08/12      

お母さんとのこと(童貞はお母さんで卒業した僕)

素敵な話を、ありがとうございました。
お母さんの気持ちか、痛いほど伝わってきました。
本当に、素敵なお母さんで、羨ましいです!
本文を150文字以上で・・・との縛りがあり大変です。
本当に素敵なお母さんとのお話ありがとうございました。
また、お話があれば、お願いいたします。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  2020/08/12      

高校生の弟とお風呂に入って射精するのを見て興奮してお互い求め合ってセックスしました

私が高校3年の夏の事でした。

両親が親戚の結婚式に行っていたので、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたことがありました。

弟は高校1年生で、高校生になったぐらいから、なんとなく男っぽくなってきた感じがしていました。

朝とか、おちんちんが勃起(朝立ち?)してるのを見かけたりしたことがあったので、私の方が弟の体に興味ありありでした。

弟とは中学1年まで

  2020/08/12      

JKの義妹と危ない関係

俺35歳、妻は28歳、既婚者の会社員です。

ある日、帰宅すると妻の母親と17歳の高三の義妹(未来)が来ていました。

ちなみに妻は4人兄弟の一番上で未来は一番下です。

なんでも都内の専門学校に来春から行くので夏休みに見学の為、上京して来たとの事。

話は聞いていたがすっかり忘れていた。

未来は、まぁまぁ可愛いい方ですが、かなりギャルメーク。

だだ、胸はC以上

  2020/08/12    , , ,   

真夏のエロゲイメプ 2

 真夏のウエイトレスのコスチュームは胸開きでセクシー。
 高校生バイトの胸の谷間はその肌のきめの細やかさとテーブルを拭くときのかがんだ姿勢で男性客の目をくぎ付けにした。
 ああ。もちろんおっぱいはいわゆるロケット乳でその距離も息遣いがわかるほどの密接なものだった。
 その娘の名前はイボンヌってことにしておこうか。

 「ヤング麺セットください」
 そしてつい注文してしまうのだった。

  2020/08/12