H体験談アンテナム

えっちで萌える体験談を厳選して集めました


【テレコミ20】理香・再び

   

理香はニフティのIDを持っている。8月の出会いから、すでに3回の逢瀬を
重ねたが、最近彼が出来たということで、私との関係も危ういものとなった。
電話番号も知っているが、わたしはほとんどかけない。
金曜は仕事の納めだ。私の仕事内容を知っている彼女だが、いつも仕事帰りな
どで会っていたので、私がスーツなどを着ない人間だということは知ってい
た。彼女も早く上がれるということなので、新宿で待ち合わせることにする。

彼女は若干遅れてきた。前の変わらない笑顔で。

彼の話をするとき、彼女の目は輝く。しかし、そのすぐ直後で暗い表情になる
ことも私は見抜いていた。

食事のあと、「歌舞伎町なんてみたことがあまりない」という理香を連れて散
策に行く。H抜きのデートだ。しかし、目標だったボーリング場は1時間待
ち。わたしたちは再び街へ戻った。

腹は膨れているし、ちょっと落ち着きたい。できれば、二人きりのところで…
…。
私は意図的に歌舞伎町の裏へと歩いていた。そのとき、私はすでに彼女の肩を
抱いていた。彼女は拒まなかった。

二人でホテル街の中を歩く。今まで渋谷ばかりだったが、ちょっと気恥ずかし
い。会話もたどたどしくなってしまった。ついに「PAL」の前にまで来てし
まう。
「ここ、きれいなんだよ、前に来たことがある」
「へー」その返事は関心があるのか、ないのかわからない様子だった。私は彼
女の肩を抱いてホテルの入り口へと向かう。
「えっ、いくの……」彼女は少し抵抗したが、ぐっと肩を抱くとそれ以上は拒
まなかった。

部屋に入り、ソファにくつろぐ。部屋の空気はすこしムッとしていた。
「ゆっくり、話をしたかったから……」
私のスーツ姿を怪訝そうにみていた彼女に、人事異動のことを教えた。グルー
プ会社に異動したくて、面談したことも。彼女は「あなたがやりたいことを出
来る場所に行ければいいね」と言ってくれた。

彼女の肩に腕を廻す。体が私のほうに崩れてくる。彼女の左耳を廻した手で愛
撫しながら、唇で右耳をさわさわと撫でる。彼女は目を閉じている。
唇をそのまま頬から首筋、そして鎖骨の辺りをなでると、彼女は微かな声を上
げ始めた。

「あ……はぁはぁ」
「どうしたの……、まだキスもしてないのに……」
「いじわる……」
セーターの上から胸を弄ぶ。彼女は右の乳首が異常に感じるのだ。手でひっか
くように愛撫してみた。
「ああああっっ、だめんっ、感じちゃうからぁ……」
そんなこと言われて撤収する私ではない。
思いきり激しいキスをしてあげると、彼女も求めるように舌を延ばしてきた。
舌と舌がぶつかり、舐め合い、互いに犯そうとしているようだ。理香の息は荒
くなっていく。
「理香……どうされたいんだ、俺に?」
「……わかってるくせに……」
「教えてごらん」
「……して……」
「何を?」
「入れて……」
「だから、何を?」
「これ……」そう言うと、理香は手を延ばし、私の硬直したペニスをズボンの
上からまさぐった。
「彼は……?」
「いやん、私は気持ちいいことがしたいの……」
私は彼の名前は出さないようにしようと決めた。彼女は今、私だけを求めてい
るのだから。

セーターをまくりあげ、ブラをずりあげ、理香の急所を舐め、吸い、突つき、
弄ぶ。理香はもう耐えられないといったふうに、声を出し、叫び始めた。
「いや、ああああっっっ、気持ちいい、いいのぉぉ」
「理香は、舐められるとの、吸われるの、どっちがいいんだ?」
「吸われるの……」
次の瞬間、私は思いきり吸っていた。

しばし、彼女の胸を弄んだだけで、彼女はふらふらになっていました。その彼
女を脱がせて一緒に風呂へ入る。シャワーをあびて、彼女を抱きしめ、キス
し、乳首を虐め、おまんこに指を浸入させると、もうそうこはぐっしょりと濡
れそぼり、あつく燃えていた。たまらず、私は「理香、がまんできない、入れ
てもいいか」と尋ねると、彼女は虚ろな目で「うん」と応え、私に背中を向
け、浴槽に手をついた。
バックから挿入。すでにそこはたっぷりの蜜で覆われていて、私のものを暖か
く迎かえ入れた。最初から激しくピストンする。
「あああっっ、だめっ、そんなに激しく……壊れるぅぅ」

ピストンは5分は続いた。私はそこで中座した。彼女の愛液がまとわりついた
ペニスをシャワーで洗いながし、「清めるんだ」と理香の口元へ突き出す。理
香はなんのためらいもなく、私を含んだ。
(う、うまくなってる……??)
理香は私を含むと、唇でごしごしと竿を刺激しながら、吸い上げ、亀頭を舌さ
きで刺激してくる。以前のフェラとは違う。そして、その舌は決して私のペニ
スを離そうとはしないのだ。
「理香、でちゃったら、飲むのか?」
彼女はくわえたまま、コクンとうなづく。前回はいやだといったのに……。彼
女はおいしそうにフェラを続けていった。

フェラを中座させ、バスルームを出る。理香はバスタオルを巻いて、ソファに
腰掛ける。
「理香、おまえの好きなものをあげよう」
理香はびくんとして私を見る。恐れと期待がないまぜになっている瞳で。
理香の脚を大きく広げさせる。おまんこをじっくり観察する。
「いやっ、こんな明るいところで……」
「理香、お前はMだと言ったろう。こんな明るいところで、おまんこを見られ
るだけでびしょびしょに濡らしてしまうほど、どうしようもなくすけべなんだ
よ、お前は」
「言わないでぇ……」
「そんなお前には、これが一番だ」
私はチャカをクリにあてた。
「あ?」
スイッチを入れる。・ぃーーん。
すさまじい声が部屋を包む。
「あああああああああっっっ、いやぁぁぁぁぁぁぁ、だめだめだめぇぇぇ、感
じる、感じすぎる、怖い、怖いのぉぉぉ」
私は無言でチャカをクリにあてがい、振動を強くする。声がさらに高くなって
いく。しかし、理香は思いきり広げられた自分の脚を閉じようともせずに、辛
い快感に身悶えしているのだ。チャカをおまんこの内部に挿入する。入り口の
狭い部分を通り超すと、チャカはあっけなく内部に取り込まれた。振動を強く
すると、理香はさらに声をあげる。人目もはばからず泣いてする幼い子のよう
に、声を発し続けるのだ。私は振動を最強にした。声はもはや声ではなく、
「叫び」のようになった。ふとももがひくひくとしている。チャカをひっぱり
だそうとひもをひっぱると、理香はさらに良い声で泣いた。

「だめ、いって、いっていいですかぁぁぁ」
「いきなさい。思いきりいくんだ」
「あ、あ、あ、あ、いくいくいく、いっくぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

一瞬体を硬直させた理香は、次の瞬間がくんと崩れた。チャカを取り出す。取
り出す瞬間まで、理香は感じていた。

女性には2種類あるという。1度いくと、何をやっても感じないタイプと、何
度もたっしてしまうタイプだ。理香は後者らしい。私は理香をベッドを横たわ
らせた。

「理香、ほしいか?」
「ほしい、いれてぇぇ」
私は理香を横にして、斜めから挿し貫いた。
「あああああああっっっ、違う、違うところなのぉぉぉ」
理香は獣になりはじめていた。

セックスはいつもの言葉攻めを駆使した。彼女が大好きなバックでいじめ
まくったあと、正常位ではてるまで。しかし、私はいつもよりも早く達してし
まった。
それまでに理香が私に誓約した事柄は
「YESさんの奴隷になります」
「理香のおまんこで遊んで」
「彼がいても、あなたともセックスしたいの」
「もっと、もっと奥に入れて、いっぱい」
理香は私との不倫関係を維持すると誓約したのだ。

2回戦はフェラのあとの相互オナニープレイだった。が、バイブで自らを刺激
する理香はもう、私のことを考えずに没頭している。清純なお嬢様の痴態に私
はがまんできなくなってしまった。
「理香、入れるぞ」
「お願い!!」
「後ろから入れてやるっ」
理香の中に再び私はうずもれていった。

正直なところ、この日の時間はかなり速いものだった。それはうまくなった理
香のフェラによるものかもしれないし、子宮が下がり、ペニスの先で感じられ
るほどだった、理香の狂いかたによるものかもしれない。なにはともあれ、私
は理香に思いきり液をぶちまけていた。

30分延長で部屋を出る。喉がかわいていた。歌舞伎街の街角に「ハーフ・タ
イム」というバーがある。なかなか雰囲気がよい。理香はROXYが好きだと
いっていたが、ここもなかなかだ。ここで酒を飲んだあと、ビリヤードを少し
楽しみ、理香を帰すことにした。理香の携帯に彼から電話がかかってきたせい
だ。
理香を駅まで送る。そして、再会の約束を口付けでかわす。誰が見ていてもか
まわない。

理香は電車に乗ると、こちらに手を振った。
「また今度ね」
その笑顔で、私はこの2週間を生きていけるだろう。

 - 私たちのエッチな体験談 , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
20歳年下のなつみに初めての中出し

var addeluxue_conf = {site:489334281,frame:15,width:468,height:60,color:["999999","FFFFFF","2200CC","F25D5D","671F28"],host:’adv.addeluxe.jp’,ver:1.5};徹夜で書類整理を終えた朝。アシストしてくれたのは、入社二年目のなつみだった。なつみは会社では評判の美人だ…

no image
娘から抜いた肉棒を母親の口に突っ込み・・・

45才脂ものった妖艶な肉奴隷妻由紀子の記録です。由紀子を初めて見たのは、我が社に高卒で入社してきた時です。多くいる新入牝社員の中でも一際目立っていました。顔立ち

no image
一つ屋根の下で

きっかけとなったのは、夫が海外転勤した事でした。一人息子(雅也17)は、中学時代、成績優秀で学年トップクラスでした。まぁ運動はイマイチでしたが、真面目な息子は、一流高校合格間違いないと言われていました。それが、まさかの失敗!結局私立の進学校に進んだ息子でした…

no image
子供の担任と浮気した元嫁

258 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2007/06/11(月) 22:10:11すいません。本日既婚男性板を卒業することになったのですが、卒業する経緯をどこかに書き留めて置こうかと思ったのですが、どのスレが良いでしょうか?誘導お願いします。263 258 sage 2007/06/11(月) 22:15…

no image
去年の夏に10年来の知り合いの人妻とえっちした話

去年の夏に10年来の知り合いの人妻とえっちした話

1 :えっちな18禁さん:2011/11/23(水) 06:33:58.09 ID:/iGHBonL0
去年の夏に10年来の知合いの人妻とSEXした。
駄文だが、載せてみる。

彼女のスペックは身長170cm半ばでスレンダーなモデル体系。胸はDカプ位。
顔は仲間ゆ…

no image
彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕2

僕は、トイレで下着の中の精液を拭きながら、まだドキドキしていた。さっきは、目の前で真希が、着衣のまま土方さんに口でイカされた。僕はその姿を見て、イッた自覚もなく射精してしまった。僕は、射精の感覚がわからないほど、強い興奮と快感の中にいたということになる。…

no image
【エッチ体験】仕事のミスでキモ上司にセックスを強要されたOLの体験談

ありがちかもだけど、ミスをカバーしてくれた見た目キモイ主任と。忘れたいけどキモ過ぎて思い出してしまう(;_;)ちょっともめてる顧客の書類の印鑑を一ヶ所もらい忘れたんですよ。顧客にはもうお願い出来ない雰囲気だったし入社一年目で初めての大きなミスで動揺しちゃって>…

no image
体験談:初体験が3Pだけどまあいいか

当時、高校生だった私はコギャル向けの雑誌をよく読んでいて、そこに登場する読者モデルの男子に憧れていました。

私の住む田舎には、カッコイイ人は居ても1人とか2人でくらい。

近づくのさえ難しい感じでした。

だから私は、雑誌を見ながら彼らとのエッチを想像して…

no image
会社の後輩が歴代彼氏の勃起したトコを携帯で撮ってるって…

会社の後輩が歴代彼氏の勃起したトコを携帯で撮ってるって…

会社の後輩が歴代彼氏の勃起したトコを携帯で撮ってるって言い出した。
オレにそんなコト言うなよって思ったが、裏を返せばオレにモーション掛けてんだって思った。
それで今度うちに遊びに来る?って軽く誘って…

no image
モンスターな下半身に産んでくれた親に感謝

155 :名無しさん@ピンキー :2009/10/29(木) 20:15:34

初めて登録したら、いきなり釣れました

しかも食い付かれてます。なかなかの上物w

面接への持ち込み方の例を伝授して貰えませんか?

小生27歳向こう30代既婚。

156 :155 :2009/10/30(金) 19:34:29

経過報告で…

no image
陽子のおもいで 第20章 あなたのモノになる・・・

夏休みが済んで、通常の勤務に戻ると、ぼくには東京への短期出張が待っていた。2泊3日の出張である。そのことを昼食にザーメンをチンポから直飲みしている陽子に話すと、3日も合えないのはいやだと駄々をこねた。「寂しすぎる・・・そんなの、いや!・・・じゃあ、わたしは休…

no image
エロ狂いの先生

俺は14になったばかりの中学生です。友だちに教えてもらった海外サーバー経由のエロサイトにハマって毎日見てました。少し前に気になる女の人のエッチな画像を見つけました。それは30代半ばの女の人で最初は『ばばぁ』だからと無視してたのですがほぼ毎日新しい画像がアップ…

no image
高校の同級  3

ミッコと交際してから、初めての正月、チエから電話 初詣に行こうと、ミッコと会う時は何時もチエに電話してもらう、チエからだと両親も安心してる様子、2台で初詣に行きチエ達と別れ岸壁に行き車の中で話していたら、昼間だったが キスをされたが両親が20歳だからと着…

no image
店員さんになりました

私は26歳。身長167?。Cカップ。髪はロングで基本的にはお団子作ってます。自分では全体的にスラッとしてると思うのですが太ももがちょっと太めです。イメージが湧くでしょうか。ネットカフェ店員で夜のシフトに入っています。私はネットカフェが大好き。あの性欲に満ち…

no image
先輩と

"519 先輩と 削除依頼 投稿者:夜須 2007/05/16 15:47:57(AhQIWNrp) 投稿削除 会社の旅行で温泉に行った時に、酔い醒ましに混浴風呂に行くと、四歳上の32歳バツイチの女先輩が…「やっ…混浴にきてやらしい」と言う先輩も混浴に来てるからあいこ。「新しい旦那候補探…