H体験談アンテナム

えっちで萌える体験談を厳選して集めました


【テレコミ17】16歳・女子高生・ハードファック

   

店に突入。入室は17時。

 私は最初読書モードに入っていた。「西ゴート王国の遺産」という本であ
る。しかし、このような状況で、そんなものを読んでいる状態でもないなと
思い、AVを借りることに。なんせ、ただなのだ。最初は17歳のなんたらか
んたらとかいうVを見たが、どうも画像が悪く声も小さいので、すぐに「美
乳女子大生 5人をペロリ」に切り替える。
しかし、コールがない。我々4人が突入したおかげで、店内満室。厳しいも
のがある。

入室してから、1時間後、一本目のコール。
大学生で21歳、身長158、88(D)-62-88 から自宅コール。30分後に
渋谷で30Kという提示。円女には興味ない(本当は17以下だったら考える
が(笑))ので、「ちょっと高いなぁ」というと「うん、わかった。じゃあ
ね」と切られた。ダンピングしないというのは自分に自信があるからだろう
か。しかし、ウェスト62は不安を誘う。
 次だ、次(笑)

 私は例のビデオで2回抜き(大爆笑)、それでもかかってこないので、T
Vでニュースを見る。北海道の事故はどえらいことになっているみたいだ。
 と、17時30分、2本目着信。
「こんばんはー、あれ、外から?」
「うん、そう」
「寒いでしょう、そこ、どこなの?」
「渋谷の東急プラザの前」
至近距離である。聞いてみると、電話したけどいい人がいないから、もう帰
ろうかなと思っていたとのこと。
「どっか遊びにいく?」
「うん」
ということで、17時40分東急プラザ1F花屋の前。
 なるほど、高らしい子が来た。一呼吸置いて彼女の方から「電話の人?」
と聞いてくる。身長162センチ、髪はセミロング。EASTEND×YURI
の市井由里に似ている。眉が三角で、すこし目がつり目であるが、ま、美高
度70%だろう。からだつきはものすごくスレンダー。黒のコートに黒のロー
ファー、白のルーズソックスは、高の定番だ。

「ね、お腹すいてない?」
「ものすごくすいてる(笑)」
「じゃ、どっか食べに行こうか」
「うん」
「じゃあ……、スパゲティにしようかな」(馬鹿の一つ覚えです)
「え、スパゲティ好きなの? 私も大好き」
うまく行くときはこういうものなのだろう。

 彼女は実は広島の高校に通っていたのだが、事情で今は行っていない。4
月から別の学校(これも広島)に行くことになっているので、暇だから、友
達を頼って東京に来た、と行っていた。話を作っているのかなとも思った
が、会話に出てくる広島弁は本物だ。(私の母は広島出身)彼女はこの日、
一回アポを取ったのだが、相手を気に入らず再びかけたそうだ。彼女から私
に声をかけてくれたところを見ると、気に行ってくれたらしい。
「25ぐらいにみえるよ、若いよ」と言ってくれた。

 いつもの店はものすごく混んでいて、注文してから料理が来るまで20分も
かかった。二人ともお腹ぺこぺこ。嫌いな食べ物は? という質問に「しい
たけ」と答えると、「私も(笑)」という返事。うまくいくときはこういう
ものなのだろうか。

 ちなみにこの時点で円女とか、Hな話とかは一切していない。なんせ、空
腹だったのである。

 しばし、無言になって食べ終わると、外に出た。彼女は「一日中歩き回っ
ていて腰がいたい」と言っていたので、「カラオケできて、マッサージも出
来て、慌ただしくなくて、あったかいところに行こうか」と聞いた。

「どこ、行くの?」
「……ホテル」

 彼女は私に肩を抱かれてもいやがらずに、会話を続けた。むろん、足はホ
テル街へ向かっているのだ。東急文化村の前で信号待ちになったとき、私は
彼女のおでこにキスをした。彼女は何も言わずうつむいている。照れている
らしい。そして、私とみゆきは部屋に入ったのであった。

 彼女はみゆきと言った。テレコミではよく使われる名前だ。私はみゆきの
肩を抱き、ホテルへと向かう。彼女はしきりに「寒い」と言う。がたがた震
えているようだ。緊張してるのかなと思ったが、どうも本当に寒いようだ。
「早く暖かいお風呂に入ろう」と言うとコクンとうなずく。
 ホテル・リオスに入った。本当は休憩5000円がよかったが、カラオケに行
きたいと最初言っていたのを思いだして、6500円のカラオケ付を選んだ。4Fだ。
 みゆきはカードキーを珍しげに見て、「私にやらせて」という。面白い子だ。
 無事部屋に入った。渋谷のホテルでは広い方かもしれない。ちなみにみゆ
きは広島のホテルはもっと広いと言っていた。お風呂のお湯を自分でために
いくみゆき。慣れている。
 最初はカラオケである。13歳も年上なのだから、あせってはいけない。
 彼女は安室の「CHASETHECHANCE」をベッドに座って歌う。なかなかうま
い。それにしても最新ヒット曲である。ここで私が10年前の曲を歌ってもし
らけるだろう。しかし、最近の曲はキーが高くうまく歌えない。しょうがな
いので、1年前のヒット曲福山雅治の「HELLO」を歌った。次に彼女はリ
ンドバークの「もっと愛しあいましょ」を歌う。歌っているときに背後から
抱き寄せた。別に抵抗せず、私の胸の中に入ってくる。私もそれ以上いたず
らはせず、だきしめたまま。最後に二人で中山美穂の「世界中の誰よりきっ
と」を歌う。マイクをしまいカラオケの電源を切ると、沈黙が訪れた。私は
すっとみゆきの前に移動し、肩を抱き寄せ軽くキスした。抵抗はしない。

「ねえ、目を開けたままキスしないでくれる?(笑)」
「だってびっくりしたんだもん(笑)」

「ね、お風呂はいろうよ」
彼女がそういうので、一緒に入ることになった。二人で服を脱ぐ。先にパン
ツ一枚になった私は彼女を凝視する。下着姿の○6だ。胸はそんなにない。
推定80(B)-56-85といったところ。痩せているが肌はスベスベしている。
腰のくびれはまだ、少女の面影を残していた。一足先に私がお風呂へ。ただ
し、扉は開けたまま。まだ、私は警戒していたのである。いつ援助のことを
切り出してくるかも……。しかし、彼女はそんなそぶりを見せず、お風呂
へ。前も隠さない。慣れているのだろう。
二人で入るには小さい浴槽。彼女は「誕生日だから何かほしい」と言う。形
を変えた援助要請か。
「何がほしいの?」
「なんでもいいの。こっちに来てからプレゼントくれる人なんていないもん」
「でも、こんな時間だから、どこも閉まってるよ」
と、うまくかわす。
「ね、おこずかい欲しいっていう子、いない?」そういう話のふりかたするか?
「いるよ、でも……」
 ここから日頃みなさんにお話ししている援助についての私なりの考えを述べた。
 つまり、最初に「おこずかい」というのは嫌である。なぜなら冷めてしま
うから。何回か会った子にプレゼントするのは全然OK。だって、それは本
当のプレゼントだから。
 そういうと彼女は何も言わなかった。きっと彼女は「H好きだけど、つい
でにもらえるのなら……」という子なのだろう。
 お風呂からあがると、ホテルの案内書にあった有線チャンネル表を見てい
たが、その隣のページには大人の玩具がたくさん載っている。彼女は興味津
々の様子だ。

「使ったことない?」
「うん……」
「じゃあ、もし今度会ったら持ってきてあげるよ……」
「……うん」彼女は照明を暗くした。
「暗いほうが好きなの……」
「初体験はいつ?」
「14の時」
「今まで何人くらい?」
「……10人くらいかな」
「東京に来てからもした?」
「うん……一人」
スベスベした肌を優しくなでながら、今度はディープキスをする。舌をから
めてくるが、やはり幼い。首筋をペロペロなめながら、
「ねえ、どこが感じるの」
「……うなじと……腰のところ……」
そう聞くや否や右手でうなじをなでながら、小ぶりの乳首をなめる。もう立
っていた。
「はぁぁぁ、ああああっっ」幼い声。やはり反応は○6だ。言葉攻めは有効
ではないかもしれない。手と舌で、耳の横から鎖骨、乳房、腰をなでまわす。
「脇もなめさせて……」
「いやん、恥ずかしい……ちゃんと剃ってないの……」
「かまわないよ、みゆきの脇、見てみたい……」
腕を広げさせてかわいい脇の下に舌をはわせる。
「あああああっっっ、いやんっ、はぁぁぁ」
すごい反応だ。そのまま両脇をなめながら、クリをいじる。まだあまり濡れ
ていない。
「みゆき……かわいいよ……とても……好きになっちゃいそうだよ……」
「本当に? みゆき、かわいくない」
「そんなことないよ、とてもかわいいよ……」
みゆきは全身に私の愛撫を受けていたのだが、彼女も私のペニスを手でさぐ
ろうとしている。片手でペニス、そして片手はなんと私のアナル近辺をさわ
さわとなでるのだ。私はその攻撃に弱い。
「みゆき……なめて」
みゆきは私のペニスをカプッとくわえると、ディープスロートし始めた。片
手ではやはりアナルを触っている。
「どうしてお尻の穴をさわるのかな……弱点なんだよ……みゆきもお尻、感
じるの?」
「うん……感じるの……」
テクニックはまったくないフェラだったが、なんせ○6だから許そう。
「今度は……みゆきのをなめてあげようか?」
「……うん」
 細い足を広げさせた。みゆきの足はふくらはぎとふとももが同じ太さに見
えるほどスラリとしている。蛙のように足を広げさせると、そこには○6の
おまんこが見えた。やはりきれいだ。色もピンク色で、変形も少ない。私は
ローリング・クンニ体制に入る。
「あああああっっっっ、感じるっ、感じるよぉっ、気持ち、気持ちいいっ
っ、はぁぁ、ああああっっ、だめっ、だめっ」
「とてもおいしいよ、みゆきのここ……広島ではここのこと、なんて言うの?」
「いやんっ」
「教えないとなめないよ」
「あああ……まんこ……」そうだったっけ? まあいいや(笑)
手で幼い乳房を揉みながら、○6歳のおまんこをたっぷり食べていると、み
ゆきは我慢できないような声で、
「ね、お願いっ、もうちょうだいっ、お願い」と言った。
「ゴムしないといけないよね」
そう言うとみゆきはぴょんと飛び起き、ゴムをぼくに渡す。そういうところ
は敏感なんだろう。しっかり装着したあと、○6歳のおまんこにぐっと挿入
する。意外につっかかりはないが、太平洋というわけでもない。ちょうどよ
い感じだ。
「ねぇ、高○生としたことあるの?」
「以前にね」
「優しいから……あああっ」
 ゆっくりとピストンをしながら、ディープにみゆきの舌を味わう。幼いな
がらも応えてくれるみゆき。みゆきの手は私のアナル近辺をさわさわなでる。
「はぁぁぁぁぁぁ、あぁぁぁぁぁ」
頼りなげな声で喜びを表わしているみゆきを今度は上に乗せる。積極的に腰
を動かしてくるが、やはり突かれるのが好きなんだろう。私が下から突き上
げると、思いきり声をあげる。
「ああああああああっっ、届いてるっ、奥までっ、お腹の奥まで来てるっ」
「みゆきは、いろんなHなことしてるんだね。H好き?」
「好きっ、大好きっ」
「愛してる?」
「愛してるぅっ、大好きぃぃぃ」
「一番好きな体位は何?」
「ああああっっ、バック、バックが一番感じるのぉ」
「じゃあ、バックでいかせてあげるよ」
 そういうとみゆきは素直にお尻を突き出した。幼いがほどよくふくらみの
ある尻である。その尻を両手でしっかりとホールドし、みゆきのおまんこに
ずぶりと一気に挿入する。
「うぁぁぁぁぁっ、違うところに来るぅ」
「一番好き?」
「うんっ、大好きぃぃ、もっとっ、もっとぉぉぉ」
そう言われて私の銃は光速モードに突入した。とたんにみゆきの声が変わる。
「うわわわわわっっ、速いっ、速いよぉぉぉっ、こんなの、こんなの初めて
っ、ああああっっっ」
「みゆきの奥まで届いてる?」
「一番、一番奥まで届いてるよぉぉぉ」
そういう会話をしながらワープ速度までピストンを早め、みゆきのア
ナルを指で攻撃する。
「いやんっ、だめぇっ、こんなのっ、こんなのされたら、私っ、わたしぃ」
「どうなっちゃう?」
「変に、変になっちゃうよぉっ」
 このあたりでそろそろはめてから20分。
「いきそうだよっ、俺」
「あんあんあんっ、私もっ、私もっ、一緒にっ、一緒に、お願いっ」

みゆきと私は同時に果てた。みゆきは演技していたかもしれないが。

そのあと、みゆきを友達の家まで送っていった。永福町だ。最後に彼女を抱
き締め、キスをして別れた。あさってまた会える。

 - 私たちのエッチな体験談 , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
パチスロ

今日、エヴァで三千円入れて六万買ったから、一万くらい賭けてジャグラーを打とうしたら良い台発見!打ったら、五千円使ったところでペカって二箱積みました。そしたら、隣の隣で彼女っぽい女と話しながら打ってた男が、ガンつけてきてシカトしたら何故か女の方が来た。「出…

no image
愛ちゃん「彼氏が言葉で意思表示してくれない」

相談の中身は、彼氏が言葉で意思表示してくれない、というくだらないもの。凄く優しいらしく大満足の彼氏らしいが、恥ずかしがり屋なのか、好きだとか愛してるだとか言ってくれないんだと。で、とうしたらいい?だってさ。「その彼とはエッチしたの?」「え?!……あ、はい…

no image
【エロ体験談】清楚な人妻にバイブオナニーをさせて・・・

var addeluxue_conf = {site:708914079,frame:26,width:300,height:250,color:["999999","FFFFFF","2200CC","F25D5D","671F28"],host:’adv.addeluxe.jp’,ver:1.5};田舎にある学校の住み込みの独身40代の用務員をしています。前回は、近所の人妻の沙織をビデオカメラで盗撮…

no image
姉のダンナの前でアナルオナニーしたら興奮して中出しまでした体験

姉と2人姉妹で、姉は結婚しています。姉が友人の結婚式で沖縄まで旅行に行ってしまい、義兄も出張ということで、私は宅急便の為に1泊、姉の家で留守番を頼まれました。夜、テレビを見てると、突然出張だったはずの義兄が戻って来ました。今思うと私が留守番してるのを知っててわざと戻ってきたような気がします。急に出張がなくなったという事で、姉宅には車がないのでもう時間も遅いし私はそのまま泊まって、次の朝実家に帰ること

no image
万引き女子大生のその後

万引きの弱みを握られて50代のおじさんに性調教&複数プレイさせられた女子大生について投稿した者です。先ほどの投稿ではKさんからあいこのAV出演についての誘いがあったのがつい最近のような書き方をしてしまったのですが、実はこれ、結構前の話です。(前半を投稿した…

no image
飛行機でCAにトイレを譲った結果、調教浣腸プレイが出来た!

今、40才で妻がいますが、子供はいません。とりあえず、1流といわれる会社の商社マンです。昨年9月に海外のメーカと商品の打ち合わせでLAに行った時のこと。いつものように飛行機はマイレージの都合上○Aを、ホテルは空港からCABで20分ぐらいのさほど遠くないビーチサイドのCホテルを予約します。事の始まりは飛行機の中からでした。僕がトイレにたった時、トイレはちょうど満杯で仕方なく入り口付近で一人並び開くのを待っていま

no image
スレンダー女子の処女をいただいた

395 :えっちな21禁さん:04/04/23 23:57 今から数年前の話です。 バイト先の仲間で忘年会と称して飲みに行くことになりました。 バイトの面々のほとんどは仲のいい友達だったのでまったく下心はありませんでした。 酒も入ってみんないい感じに盛り上がっています。俺も…

no image
高3の夏休み、38歳の奥様に誘われて

地元のスーパーのチェーン店でバイトしてた時のこと。

まだ高校で学校はバイト禁止。

だからお店の裏で入って来た野菜を運んだり、ダンボールを片付けたりとかしてました。

冬には寒くて、夏は暑く辛かったけど、時給良かったし二年から一年半位続けた。

三年の時に、ち…

no image
同僚の年上独身OLとのセフレ体験

同僚の年上独身OLとのセフレ体験

課は違うけど、同じ会社の8歳上の独身OLとイイ仲になった。
香里奈に似ている成美でスレンダーで黒髪の似合うOLだ。

最初にデートでキスしてから急に打ち解け、服の上から胸や股間を揉み合うなって、早く合体を迫った。
来週まで待…

no image
妻「私はあなた次第よ」 私「悶えるんだろうな」 妻「当たり前でしょエッチするんだから」 私「中に出されるんだろうな」

31歳の妻と複数プレイの画像を見ながら二人裸でベットの中です。妻は私のペニスを握りながら会話しています。

私「何人の男とプレイしてみたい?」
妻「三人くらいが限界かな、1人2回として6回。それがギリギリね」
私「するならナマがいい?」
妻「そりゃそうよ。病気が無い人限定で。保証書とか病院は出してくれないかな」
私「どうしてナマがいいの?」
妻「あなたはどうしてナマがいいの?それと同

no image
お酒に飲まれた妻!

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物…

no image
叔母

俺が高校の頃に叔母が離婚前提で、うちが管理しているアパートの一室に引っ越してきた。離婚が決まろうが元気な叔母の趣味はとあるアメリカのロックバンドで、俺は週末の学校帰りに会おうものなら、即捕まり一晩中そのバンドについての講釈を聞かなければならなかった。アパ…

no image
中村瞳♀15歳【橋の下で…】

中村瞳♀15歳【橋の下で…】 登場人物中村 瞳♀15歳:通学路の途中にある橋から大事なあるものを落としてしまったその日から、この凄惨な陵辱の歯車が回り始めてしまう悲劇の少女。浮浪者:コレまでにも様々な少女を狙い、鬼畜のようなレイプを繰り返す蟻地獄のような男。 …

no image
離婚調停中に義兄に捕まり

W不倫の彼はいつもやさしく抱いてくれる。「イクッ」 「中に 中に出して」彼は男根を脈動させながらドックンドックンドクッドクッと温かな精液を私の中奥深くに注ぎこみながら耳元でいつも「○代 愛してるっ」とささやく。私も「嬉しい イクッ」と彼を放さないようにし…

no image
私の罪深い性春

隣に最愛の人がお疲れの中まどろんでいる。つい先ほど私の女性器奥深くに温かな精液をたっぷりと注ぎこんでくれた。私も彼自身をピクッピクッとしっかりと包み込みながら至福の時を味わった。地方の高校を卒業し都内の大学に進学した。付き合っていた彼も都内の大学に進学し…